junichi ishida


WORKS-portrait

portrait

主に描き手側の心的な距離感を伸縮させて対象に迫り、かつ対象の持つ遍歴も要素として重視、それら主観と客観の交錯を核として制作。